« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

ほんまにトロけた!

この週末は空も明るくお天気が続いた東京、早く春モノが着たいもんですtulip
(その前にアンタ花粉症やでgawk


土曜、彼が兼ねてから念願の仕事部屋を住居とは別に借りる事になりいざ物件探しへ!
私は吟味に吟味を重ねて何軒も見なくては気が済まないタイプなのですが、なんでも即決の彼はなんと2軒目で申し込み。はやっ!
しかしさっすが引っ越しシーズン、タッチの差でもってかれるあっけなさ!
私のような決め方ではこの時期永遠に決まらないのね〜と理解し前途多難な物件探しはまだまだ続くのでした。
かなりオモロかった不動産会社のオサレ〜なお兄さん(激太り時代のアダ名は親指。)引き続きたのんます!!

黄昏ひらぶぅ。

Photo

そろそろ帰ろか〜〜〜

Photo_2

この前、溜まりに溜まったメモ書きレシピをファイルしていると数年前に書き留めた「パステルのプリンが出来るレシピ」と書かれた殴り書き発見。
おおお〜〜〜「ナイナイサイズ」でパステルのシェフが登場してアッサリ教えたやつや〜〜ん!
と今更鼻息を荒くして作ってみたら「まさにパステルぅぅぅ!」と驚愕!とろけました!
私は基本的にカスタードクリーム系はなんでも好きな人なので、プリン通の人には「パステルはちょっと甘過ぎる」「あの固まってないようなプリンでしょ?」と意見は様々ですが単純に甘いモノ好きの方はレシピを載っけておきますので良ければ是非お試し下さいましheart02めちゃ簡単です!

restaurant材料(5人分)


(カラメル)
グラニュー糖   120g
お湯       40cc


(生地)
牛乳       250cc
生クリーム     250cc(200ccの生クリームパック1パックでも出来ました!)
卵黄       4個
グラニュー糖   60g
バニラエッセンス 少々  


①まずはカラメル作り。

鍋にグラニュー糖を入れ中火にかけ茶色になってきたら沸騰させグツグツ煮立った上に熱湯を入れかき混ぜる。(少し焦げたくらいでもホロ苦効果が出るので大丈夫です)
すぐに水を張ったボウルに入れ少〜し冷ますのですが冷めすぎるとただの飴になるのでトロリとしてるうちにカップに注ぎます。


②生地作り。

鍋に生クリームと牛乳を混ぜ合わせ50℃まで加熱。
(私の場合温度計がなかったので給湯温度を基本にかなり感覚でやりました。笑。
沸騰よりももちろんだいぶ前ですが指を入れてもやや我慢出来る範囲の熱さでいけましたcatface


ボウルに卵黄とグラニュー糖を混ぜ合わせ(空気をあまり入れないよう撫でるように)
バニラエッセンスを加え先程の50℃の(だいたい)液体を合わせ混ぜます。

カップに静かに流し入れ表面の泡をすくっておきます。
その後アルミホイルで「きっちり」覆います。(「」かなり大事)
小さ過ぎても空気が入りやすく、大き過ぎても湯せんの際にお湯が伝ってくるので私はカップに合わせカットをしました。

沸騰したお湯に中火キープで15分間湯せん。
カップの3/2弱が浸かる位の湯量です。

銀紙を取りそのまま3時間冷蔵庫に冷やす。
冷ましてからの方が良かったのかが判らなかったのですが熱いまますぐ冷やして問題なかったです。


ほんとに「とろけるプリン」完成〜〜〜〜heart02


Photo_3

またも我が家のお茶菓子化しとりますcafe


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

海の幸万歳。

去年の12月のみのお手伝い仕事のハズが帰省後にも続行になり、きっと来月も続くであろうとゆう常に人生流されっぱなしの私。
そんな訳で遅ればせながらも連休明けから仕事始めでした。最後まで業務中ボケてましたcatface


でも美味しいモノで乗り切れましたheart02
実家帰省の際、三重県に住む伯母にお正月のご挨拶電話を入れると2日後にはこんなに素敵な贈り物が届きこちらまでしっかり持ち帰ったのですshine


三重県的矢が誇る牡蠣!そしてかなり貴重な真珠貝の小柱に伯母さんお手製アジの干物に衣までついたエビフライまで(笑)

Photo

アジの干物にコソ泥登場。
Photo_2

東京でも小柱はお寿司屋さんでたま〜に食べれますが、なかなか買う事が出来ないので大感激!
帆立とは違いとっても小さいのですが歯応えと甘さが抜群!
今回小柱は天ぷらと炊き込みご飯に使いましたrestaurant


地味な彩り(笑)みつ葉くらいおこ。
Photo_3

カキフライ山盛りで。


Photo_4

毎日美味しい海産物の嵐に感激!
伯母さんホントにありがとうheart02
最高に美味しかったです!!


散歩帰りのひらぶぅちゃん。(やや不機嫌)
毎回足と顔を洗うのでパンク風。


1

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

大阪帰省①。

皆様明けましておめでとうございますfuji
お正月はユックリ過ごす事が出来ましたか?
私は31日から恒例の実家帰省をして一週間の〜んびり過ごしてきました。
ひらぶぅも「お母さん、小鉄!」と言うだけでテンションが上がるので私同様に実家が大好きなのでしょうcatface

お迎えはもちろん実家の優しい兄貴ぶん、小鉄っちゃん。


美容院が混んでたとゆう事で顔と足下しかカット出来てない中途半端な仕上がり。
お母さんに「たむけん」と呼ばれてました。

Photo


ちなみに関西圏しかわからない人気者「たむけん」の最新ヘアー。


20081220113455

わからない方にもう一枚。仮の姿の「たむけん」


Profile


たむけん小鉄の歓迎の儀式は回を増すごとに短時間になりました。
これだったらひらぶぅも走り回らずに済みます。

Photo_2


でも移動疲れはしっかりしてるので年越しソバも待てずにお二方は仲良く爆睡に入りました。


Photo_3

小鉄っちゃん今年もよろしくね。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

大阪帰省②

明けて1日。あっけない!いつもとなんら変わらない帰省中の目覚め。
爆睡し過ぎたのか初夢すら覚えてませんが、帰省中はお母さんのお布団に入れてもらえるひらぶぅのオケツが寝返る度に心地よかった事だけ覚えてました。


去年に引き続き小鉄っちゃんは羽織袴を来て近所の神社へ初詣へ。
今年はこんなご時世のせいか?一人一人のお願いが長く、なかなか列が進んでいかないのが印象的でした。
そんな中、待ち人の心を癒した小鉄っちゃん。
こちらでは珍しいのか??たくさん写真を撮ってもらいました。笑。


Photo_4

我が家のお正月はキチンとおせち料理等は並ばないのですが(苦手なモノが多いのでcatface
プチおせちとして私の好きなものだけ作ってもらいます♡
何気ないお母さんの手作り料理、何を食べても美味しいです♡♡

Photo_6


「たむけん」から「猪八戒」に変更の食いしん坊。

Photo_5

次から次へと美味しいものが出てくる実家は幸せ過ぎheart04
どんどん体が重くなってくるのですが…。


あんこがたっぷり入ったおもちを焼き待ち中。

Photo_7

こちらもしっかり待機中。

Photo_8

お正月万歳。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

大阪帰省③

去年に引き続き、親友達が集まって我が家で新年会が開かれました。
地元に居てもなかなか顔を合わす事が難しいとゆうのでこの会はとっても貴重。
お母さんも美味しいご飯をたくさん用意してくれましたrestaurant

今回の主役はなんといっても親友の愛娘かりんちゃんに尽きます。
このブログでも何度か登場してますが会う度に微笑ましい成長を見せてくれるのでみんな口角緩みっぱなしでしたshine
彼女が登場するにあたって一番心配したのは小鉄&ひらぶぅ。なんせ犬との触れ合いは初めてとゆう事。
ひらぶぅは何事にも無関心なのでヨシとして(ヨシなのか?)
小鉄は喜びのあまり得意技のジャンピングハグが飛び出すハズなのでゲージで様子見となりました。


ママお手製のかりんちゃん弁当持参でしたが、机に並んだ料理に釘付けのかりんちゃん。
果てにはママが口に運ぶ小柱の炊き込みご飯にロックオン。

彼女は声も出さずにこの表情だけで「炊き込みご飯ちょ〜だ〜い〜」をアピール。

Photo_9

かなりお気に召したらしく

「もっとちょ〜〜〜だ〜〜〜〜〜い〜〜〜」


Photo_12

一同爆笑の嵐。
なんとこのアピールが延々続き、彼女はペロリとお茶碗一杯近く完食したのでした!
これにはうちのお母さんも大喜びでした。

初めての犬との触れ合いタイム。

横目でチラリとお伺い。案の定ひらぶぅは無関心。

Photo_13


少しずつでも犬を好きになってくれればいいなぁ〜なんてノンキな構えでしたが、最後にはとっても近くまで来て体を触ってくれたり、たくさん話しかけてくれたりしてひらぶぅも終始リラックス。

Photo_14


かりんちゃんに癒されまくったひととき、みんながみんな笑顔で素敵な新年会になりました。
また来年も我が家に集合でよろしく!


Photo_15

帰る姿も可愛過ぎheart02

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

大阪帰省④

今回の帰省でもお母さんや小鉄にいろいろお土産を持って行ったのですが、私個人的に気に入ってたものは小鉄には受け付けてもらえずで残念でした。


気に入ってくれたもの①

バンダナ。取れた時も付けてくれと自ら持って来ました。

Photo_16

気に入ってくれたもの②


鏡餅ぼうし。かぶったら顔が引き締まりました。


Photo_17


もうひとつは全く気に入らなかったようでブンブン吹っ飛ばされたのでひらぶぅにあげました。


唯一気に入らなかったもの①

おめでたいダルマの帽子。
さすがのひらぶぅも辛そうな顔です。

Photo_18


はいよ〜、かぶりもん好きな私も封印するよっごめんねっ!笑。
お二方、おつきあいありがとうっ


本日はお母さんのお店が仕事始めとゆう事でお店で食事を済ませる事に。
お客さんから何かお土産をもらってエラい嬉しそうなお母さん。
一体何をもらったの??


「しょうゆう事???」


Photo_19

本物のお醤油瓶と見間違えるデザインの口元のボタンを押すと「しょうゆう事〜〜」と村上ショージさんの声が高らかに響きました。
お客さん全員が嬉しそうにボタンを押してみんな大ウケ。
なんとも癒される光景でしたわ〜笑。


この日は高校時代の同級生が二人遊びに来てくれて大盛り上がりしました。
一人は今ファッション関係のお仕事に携わり活躍している姫どの
もう一人は家業を継ぎ奮闘している元生徒会長の彼。
それぞれにはちょこちょこ会ってたのですが二人が顔を合わせるのは高校ぶりとゆう事で懐かしい頃にも話が戻り「あの頃はごめんなさい!」の懺悔会にも発展、涙が出る程たくさん笑いましたhappy01

そういえば彼に誘われ高校時代に紅一点でバンドやってたぞ!調子こいて私歌ってたぞ!その後姫どのがキーボードで参加してくれてたぞぉ〜〜!なんて懐かし過ぎる事を思い出しながら「今」を頑張ってる2人にとっても心地よいエネルギーを注入されましたpunch

イイ歳こいてまだまだ自分探しが続くであろうお恥ずかしさですがcatface頑張ろっ。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

大阪帰省、最終日。

あっとゆう間の一週間。
行きたかったお店のバーゲンやらもしっかり行ったので帰りの荷物はエライ事になってました。
(もちろん先に送るの巻)
本日もお母さんは早起きして掃除やら洗濯を一気にこなしお店の買い出しや仕込みに出掛ける忙しさ。
毎回その姿を見る度に本気で尊敬します。親友のお母さん達も話を聞くとみんなこんな感じ。
本当に凄いよなぁ。


いそいそ用意するお母さんを気にするお二方。


Photo_20

自転車に乗ったお母さんを見送るお二方。(ひらぶぅは私の膝を使用)


Photo_21


お母さんの事が大好きなお二方です。(絶妙な距離感)


Photo_22


今回もタップリと体も気持ちも栄養補給出来ました。
実家大好きな私は今年もたくさん帰省するのでしょう。笑。
皆様、今年も何卒よろしくお願いしますshine

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PR ♠ Links

  • CHIHOMI  
    親友でもあるシンガーソングライター「CHIHOMI」ちゃんのHP。
  • 今野こと、あんなこと。
    女優としてCMやドラマで活躍中の親友、アサミンの Blog。小動物の多頭飼い名人。

Dog ☆ Links

  • WHITE OOLONG TEA
    真っ白ペキニーズ、ウーロン君のブログ。 彼のつぶらな瞳と笑顔にいつもやられてしまいます♡
  • ペキペキペキニーズ
    真っ白ペキニーズななちゃんの乙女な笑顔をご堪能下さいまし♡
  • バディは三代目
    30年以上もペキニーズと一緒のバディ君ファミリー、バディ君かなり愛嬌タップリです♡
  • 〜 ほんじつのそら模様 〜
    フォーンのそらちゃんのマイブームに一目惚れ。 新たなブームも見守りたいカワユさ♡
  • ボク、ぺっくん。
    コロコロとした佇まいとやんちゃな笑顔がたまらなく可愛いフォーンの男の子ペック君のブログ♡
  • お散歩日和
    ペキニーズ×チワワのマロンちゃんの日々。 穏やかな笑顔と佇まい。 ひらぶぅも少しは見習ってほしい。
  • ぺったんこ王子の日常
    アクティブ王子ピナ君のブログ。 大きな瞳にみつめられたあの日を忘れません!
  • ふろどのきもち。
    高校時代の親友宅より、ラブラドールのフロド& 新入り猫スリのBlog.

Favorite♡ Links

  • イトーノート
    イトー家の一員になりたい♡ そんな気にならずにいられない日々ブログ。

Assorted ♣Links

無料ブログはココログ